OpenCOLLADAプラグインの導入

OpenCOLLADAプラグインはTexToolsでエクスポートした.daeファイルを3DSMaxで開くときや、書き出すときに必須のプラグインです。

3DSMaxは毎年最新版がリリースされており、それにともなってOpenCOLLADAプラグインも各バージョンに合ったものが用意されています。

しかしながら現在ではまだ3DSMax2020に対応したプラグインはリリースされていません。

そのため、編集する際は2017、2018、2019版のどれかを使用するようにしましょう。
(ちなみに私は3DSMax2018を使用しています。)

プラグインの入手

TexToolsのガイドからのリンクだと手順が複雑なので、TexToolsDiscordの、#Help_3dmodelingチャンネルにあるリンクからダウンロードして使用したほうが早いです。

当該の投稿はピン留めされているので、Discordの右上のピンマークから飛ぶことができます。

使用している3DSMaxのバージョンに合ったプラグインをダウンロードしてください。

プラグインの適応

プラグインの適応は、先程入手したファイルを解凍して、Releaseフォルダの中にある.dleという拡張子のファイルを、Maxのプラグインフォルダにコピーするだけです。

プラグインフォルダはデフォルトだと、
「C:\Program Files\Autodesk\3ds Max 20XX\Plugins」
にあるはずです。

.daeファイルを開く際に、ファイル形式を「OpenCOLLADA」にしてから開けば、正常に3Dモデルを開けます。
また、書き出す際もファイル形式を合わせることを忘れないでください。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました